肌に負担をかけないケア

フェイスラインやあごなどに出来やすい

女性の場合には、40代後半となってくると更年期を迎えることになります。この更年期は、ニキビの原因ともなってきます。「今まで、ニキビなんて出来たことがなかった」という方でも、更年期を迎えることで、ニキビが出来てしまう方もいます。

では、更年期ニキビとは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。更年期に入ってくると、女性ホルモンの分泌は減少した状態となってしまいます。そうなることで、自然と男性ホルモンの量が増えてしまうことになり、皮脂分泌の量が増えた状態となります。

そうなれば、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。また、更年期ニキビはフェイスラインやあごなどに出来やすいという特徴があります。


ルモンのバランスが乱れたことが原因

更年期ニキビは、ホルモンのバランスが乱れたことが原因となってきますので、体の機能バランスも崩れやすくなります。肌を守ってくれるバリア機能なども低下してしまいますので、ニキビだけではなく、様々な肌トラブルが起きやすい状態となります。

今では、こういった更年期ニキビなどを改善してくれる、ホルモンバランスを整えてくれる高級化粧品なども販売していますので、余裕がある方は、こういった化粧品を取り入れてみるのも良いかもしれませんね。また、口からなかなか摂ることの出来ない栄養素などは、サプリメントを取り入れて補給していくことも必要といえるでしょう。

このように、更年期ニキビはホルモンが大きく関係していることになります。普段のお手入れは、出来るだけ肌に負担のかけないものを選んで、ケアを行っていく様にしましょう。


白く痛々しいにきびが出てくると

白く痛々しいにきびが出てくると、中身を絞り出してしまいます。にきびの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのがとっても大好きです。

ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、意地でも芯を出そうとしてしまい、にきび跡が肌についてしまうのです。

そのにきびの後を見ると、もうにきびをつぶしてはいけないともう反省するのですが、またにきびが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなってまた爪で押しつぶしているのです。にきびが気になってしまうからといって顔ばかり洗い過ぎると、必要となる油脂も落としてしまい、にきびがひどくなる場合もあります。

どんなに多く見積もっても顔を洗うのは一日に二回までにしましょう。大切なことは洗顔にはファーストクラッシュを使って料をしっかりと泡立てて、お肌には直接手を触れずに、泡を使って顔を洗うと言うこと、顔を洗った後にはすぐ保湿をすることです。にきびの予防対策には、さまざまな方法があります。

一番分かりやすいのは、しっかり顔を洗うことでしょう。ただ水で洗顔にはファーストクラッシュを使ってするだけでなく、洗顔にはファーストクラッシュを使ってフォームを利用して洗うと、さらに予防効果は高まります。

洗顔にはファーストクラッシュを使ってそのあと、化粧水を利用することで、更なるにきび予防効果を期待できます。

大人ニキビ

私が成人になった時、背中が大変な痒みで見てみると、多数の吹き出物ができていたんです。
すぐに皮膚科にかかりました。
その結果、医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)から、「背中の吹き出物はにきびと判明しました。
原因はご飯の偏りなんですが、脂っこいものばかりのご飯になっているんじゃないですか」と通告されてしまいました。チョコがもっともにきびができやすいそうです。
にきびと、すごく悩むものです。

にきびが出初める時期とは、たいてい思春期になりますから、気になってかなり悩んだ人も多かったのではないかと思います。


にきびは予防も大切ですが、薬でケアしていくこともできます。



薬屋へと行き、薬剤師に相談すると、ご自身に合った薬を教えていただけます。女性特有のにきびを起こすと考えられるひとつの原因に女性ホルモンの分泌の乱れが考えられます。ホルモンの乱れは、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)が原因となって簡単に崩れてしまうと発表されています。


女性ホルモンの乱れ

生理前は特別女性ホルモンに大きな乱れを生じ指せます。

にきびに悩まされる女性が増えるのもこの女性ホルモンの乱れこそが原因なのです。


10代の期間、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いと次の日にはにきびが見らえました。ご飯がこのように関係するんだ、と体感したものです。それから、年齢を重ねると一緒に食生活にも注意をし、チョコレートやスナック菓子などには目をむけないようにしています。その効能かにきびもすっかり出なくなりました。ひどいにきびができてしまった時には、石鹸を用いてピーリングを行うようにしています。

初めてピーリングを行った時は、肌にヒリヒリとした感じがありました。



それで、ちょっぴり怖くなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリした感覚がなくなって、キレイににきびが改善できました。それ以来、にきびを見つけるとピーリングを行っています。



にきびができるのはアクネ菌のせいなので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを何人かで共有していたり、肌が直に触ってそのまま洗わなかった場合などに、他の人のにきびが自分にうつってしまうことがあるので注意が必要です。また、手で自分のにきびを触った後で、顔の他の部分に触れると、その場所にもにきびができてしまう可能性があります。ヨーグルトがにきびには良くないとのように言われたり、その逆で良いと言われたりしますが、こうした情報の真偽とは決して定かではありません。特定の食品だけに頼っているのではなく、常に栄養バランスの取れたご飯を努めるようにすれば、にきびの防止につながると感じます。