大人ニキビの基礎

ホルモンとの関係

思春期ニキビに悩んでいた方もいると思いますが、大人になってからは大人ニキビに悩んでいる方も多いと思います。そんな方は、「ニキビのない、ツルツルの肌を目指したい」と考えている方が多いと思います。

思春期ニキビの場合には、ホルモンが大きく影響していることは、ご存知の方も多いと思います。では、大人ニキビの場合には、ホルモンは影響していないのでしょうか。一般的に、ニキビが出来やすい状態というのは、男性ホルモンが増えることで起こることになります。

女性の場合には、生理前、更年期障害により、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことで、ニキビが出来やすくなります。生理中には、黄体ホルモンが増えてしまうため、ニキビが出来やすくなります。


ストレスとホルモンの関係

更年期の場合には、卵胞ホルモンが減少することで、黄体ホルモンが増えた状態になるため、ニキビが出来やすくなってしまいます。また、こういった状態の場合には、皮脂分泌が増えることで、毛穴を詰まらせてしまうことが多くなります。そのため、更にニキビが出来やすい状態となってしまいます。

更に、みなさん様々なストレスを抱えていると思いますが、このストレスは副腎が刺激されるたえ、ストレスホルモンやアンドロゲンという男性ホルモンが分泌される状態となってしまいます。そのため、ストレスを貯め込んでしまうことで、皮脂量が増えてしまい、ニキビの原因となってしまいます。このように、大人ニキビの場合にも、ホルモンが関わっていることが多くなります。



にきびをなくすオススメのもの

わたしの顔にはたくさんのにきびがあるのだ。
そのにきびがあるということがわたしはすごく嫌なのだ。
にきびがあると、印象が悪くなるし、自由に化粧もできないのだ。

そこでわたしは、そんなにきびをなくすためにも、ある方法をしているのだ。
そのある方法とは、顔を清潔に保つということと、それに正しい生活を送ると言うことである。
わたしはいままで、不規則な生活を送ってきてしまっていたのだ。
そのせいでにきびができてしまった。

わたしは規則正しい生活をするようになってからというもの、にきびが前よりも小さくなってきているし、きれいになってきているような気がする。
わたしはもしにきびができている人がいたら、この規則正しい生活をするということをオススメしたい。
このオススメすることを行えば、わたしのようににきびがなくなってきて、きれいになることができると思う。
わたしはこれからも、このオススメのことを続けていなかなくてはいけないと思っている。